記事一覧

ヘッドライトバルブ交換2回目

ファイル 208-1.jpg
片眼だけLEDに交換し様子見しようかと検討している中、もう片眼も切れてしまい、結局純正と同じスタンレーの電球(×2球)に交換しました。
#作業は片眼外れず、大苦戦、回らないのでカウル外してドライバー差し込んでハンマーで叩いたらどうにか外れました(苦笑)。
(30mmのソケットあれば簡単に外せると思います)

両眼同じ様なタイミングで切れているので、この球の耐久性はこんなものと言う事みたいです。幾ら安くても値段以下1万キロ強の耐久性じゃ意味無いよねー
MICHIBA@台湾製も中華レベルですね。
見た感じフィラメントが純正品に比べ驚く程細かったんですよね。ある意味当然の結果だったとも言えます。

片眼だけLEDって言うのはスタンレーに交換後でもできますので機会があれば交換してみます。<楽天P次第(笑)

¥2,382-/2球
#51,840km

ヘッドライトバルブ交換1回目
https://5on.org/bike/b-blog2012/index.cgi?no=174

LEDヘッドライトバルブ

加工は必要だが、興味をそそる商品がありました。
デルタが扱っている「MOTO LED HEAD mini」
http://www.delta-in.co.jp/bike/motoled_head_mini.html

ポイントして
光量:2,000lm(LOW/HIで光量が違うはずだが記載無いのが残念)
色温度:6,000kl(多分青白い白)

で4,400円/個で販売されているので2個で8,800円
上手く買えばもう少し安くなりそう

光かたも、光量差(明/暗)では無く、LEDが上下でHI/LOW変わるならHI/LOWで明確に差が出そう

明暗だと単に明るくなるだけで光の照射ポイントをズラせないだろうと推測できる。やはりリフレクター考慮したHI側のポイントが決めてになるのかな?

マフラー

補修シリーズで言えば、マフラーも塗装を考えなくちゃならないという事に最近気が付きました。

ググると紙ヤスリで磨いて錆びを落とし、耐熱塗料を塗れば綺麗になるとの事なので、耐熱塗料についてレビューを読むと、商品(KUREの耐熱塗料など)によっては焼き入れしないと乾かないとか記載があり、外して塗装した後乾かない状態では再装着する際ベタベタになる可能性ありそういう商品には気を付けねばなりませんね。
タイコの部分はほぼ錆び無しですが、細いエキゾーストパイプ部分が錆びているので穴が開く前に塗装をしたく思います。

ファイル 204-1.jpg
そういう点で乾きが早く高評価だったのがこの商品です。
https://www.amazon.co.jp/dp/B06W57FQMS/

そして当然ですが、デイトナのバイク用耐熱ペイントスプレーも高評価です。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00BSNI2GM/

LEDバルブ

点灯が怪しい感じだったので、再ハンダを実施した結果復活しました。また内部クラックが発生しているのかな?表面以外の場所も再ハンダしたい処ですが、流石にハンダ吸い取ってやるだけの気力は無いので諦めました。

LEDはまだまだ発光するのに中華の安物らしい寿命ですね。

続きを読む

寒い

4か月使ってみて、それなりに良さは体感出来ました。
やはり空気圧で潰れてくるので違和感感じていたので工作を始めました。
コーナンで0.5mm厚塩ビでも購入して型を作ろうと思っていましたが、セリア@100均でEVAクラフトボード@5mm厚があったのでそちらを採用

スポンジシートみたいな素材でカットし易く安全です。
耐暑80度らしいですが、夏場は使用しないので問題ないでしょう。

カット幅は端と端の幅を線で結びカッターナイフでカットするだけです。

後はこれをカットした後どのように貼り付けるか悩みましたが、
自宅にあったバスコーク使ってみて、直ぐ外れてしまう様なら別のボンドでも試そうかと思います。

ファイル 194-3.jpg
見た目は綺麗に張りが出て良い塩梅です。
風圧はそれなりにかかるのでよっぽどしっかり止まって無いとダメだとは思いますが・・・

⇒◎完璧でした(喜)もっと早く対処しておけばよかった

ダメなら上から針と糸で軽く数か所縫ってしまうのが良いでしょう。

どうしても潰れてしまう場合2枚重ねにする手もあるかな?まだ沢山残っているから作れるし・・・

続きを読む

ページ移動