記事一覧

OBD2

ファイル 215-5.jpg
結論から先に書くと動作しませんでした。
これは推測になりますが、
K-LINEのOBD2プロトコルは
ISO 14230-4 KWP (5 baud init, 10.4 kbit/s)
ISO 14230-4 KWP (fast init, 10.4 kbit/s)
ISO 9141-2 (5 baud init, 10.4 kbit/s)
の何れかだが、動作しない処見ると
HONDA車は2010年以降のOBD2国際規格装備車全車らしいので、2010年3月30日発売のPCX(JF28)はギリギリ非適合の可能性がある。eSP以降適合かも?
(OBD2ツールはS2000/K-LINE/ISO 9141-2で動作する)

変換ケーブルはテスターで導通確認済みなので問題無し
確実な情報が無い限り、残念だがこれ以上無駄にお金を突っ込む気は無いので、人柱情報があればそれを参考にしたい。

※現行型は動作しているとの書き込みあり

続きを読む

シート張替え

ファイル 214-4.jpg
ググったら上手に張れているいる人が居たので幾つかのレビューを参考に引っ張りながら張り直したらシワがうまく消えました。(喜)
全体を張り直す事無く半分だけ引っ張り引っ張りしながらシワを退治できました。90点!(笑)

続きを読む

工具3

ファイル 216-1.jpg
Daytona39mmソケット[72173]
差込角:1/2(12.7sq)

作業する上でメガネレンチでは怖いので今更ながら購入です。クラッチ用特殊サイズですので一般のお店にはなかなか置いていません。
回転する部分ですのでできるだけ適正トルク管理推奨です。

※メガネレンチでも外せますが、力がなかなか入れられないので外すのも一苦労だし、元に戻すのは大変です。

ファイル 216-2.jpg
ニードルベアリング圧入治具を作成とは言っても簡単なものです。
両方から締め付けて押し込むだけの治具です。
300円程度で作成できますので、圧入はハンマー等で叩かず自作した方が良いと思います。

私は10mm径のネジ切ってある棒を購入しました。あったの適当に選んだので長すぎましたが・・・・理想はこの半分程度かな?ネジは17mmくらいになるのであまり太いと工具を買う羽目になるので要注意
あと適当に厚めのスペーサーをチョイス。私はレカロ椅子のスペーサーを代用+α。

ドライブフェイス&WR

ファイル 213-2.jpg
新しいパーツに交換しました。

スライドピースはスカスカで新品はキッチリ止まるので、これは替えて正解でした。
WRは18gで安物なのでどの位使えるかな?

ファイル 213-3.jpg
ドライブフェイスはJF56/KF18用(22102-KZR-600)購入したのですが
、付ける時気が付いたのですが、サイズは同じですが、フィンの向きが逆なんです。確かに写真を良く見ると逆なんですよね?とりあえず付けちゃいましたが、失敗したかな?(困)

後はニードルベアリングを甘く填まっていたのを自作治具できちんと填め込みなおしました。

結果音の改善は3割程度改善したけど、まだ大きいですね。後は何処やればよいだろうか?

#53,600km

続きを読む

ハブベアリング交換3回目

前回交換から16,000キロ程度ですが、ハブベアリングを交換しました。
自分での交換は2回目なので、思い出しながらの作業でしたが、3時間程度で完了しました。
ファイル 212-3.jpg
ファイル 212-2.jpg
ファイル 212-1.jpg
今回も前回同様の工具のみです。
ラジアルボールは「ベアリングプーラー」で脱着し
クリップはラジペンで引き抜き
ニードルベアリングは逆方向からソケット当ててハンマーで叩きだしました。

ニードルベアリングは今回自作治具を使い圧入しました。
私の場合
・10mm径の全体ネジ切っているシャフト、今後の汎用性考えたら長めの方が良いかも?
・10mmネジ
・大きめのスペーサ
締め込んで行くと入って行きます。ハンマーで叩くとドリブンを痛めるので今後はこの方法で行こうかと思います。
ネットに出ていた方法で目から鱗でしたよ。

交換後の感想は前と変わり無いかな?(苦笑)

※WRが削れてきているのでとりあえず、元の純正に戻し、新しいのを注文し届いたら再度バラして交換予定です。

#53,407km

ハブベアリング(NTN 6902LLB/5K)入手
https://5on.org/bike/b-blog2012/archives/196.html

ハブベアリング交換(2回目)
https://5on.org/bike/b-blog2012/archives/171.html