記事一覧

S2000 20th Festival

2019年9月7日(土)に LPLの上原さん始めS2000開発を担った元本田技術研究所チームOBが主催する20周年イベント 「S2000 20th Festival」がツインリンクもてぎで開催されます。

ASM、SACLAM、M-TEC、ホンダカーズ野崎etcが参加

参加費はざっくり

9/6(前夜祭):1名参加25,000円/2名参加23,000円/人
9/7(当日):6,000円(同乗者3,000円)

詳細はwebサイトにて
https://www.s2000-20th-festival.com/

https://autobacs-asm.com/
https://autobacs-asm.com/blog/asm/index.php?mode=res_view&no=3713

#ASMは当日S2000 1号車(タイムアタック号)を持ち込み、元D1ドライバーのG.T WORKS寺崎源さんドライブによるツインリンクもてぎをデモラン走行予定だそうです。

AliExpress40,41度目のチャレンジ

ファイル 940-2.png
41の荷はステータスが日本到着に変わっていた。
国内は追跡無しなので1Wも待てば到着するかな?
「SunYou」便だからこんなものです。

⇒そう書いた翌21日3Wで到着。

続きを読む

3度目のOpen Dispute

ファイル 944-3.png

紛争受け入れ
最後に「フィードバック入れるな」と来たよw
中国人は悪い評価を嫌がるね。だから評価欄も信用し切れない。

さぁ、別オーダーした品を来るのを待つのみだ(苦笑)

教訓
●小額でも関係有りません。勇気出して「OPEN Dispute」しましょう。
●エビデンス取るために1ヶ月経過し届かない場合は一旦確認のメールをする(通信のキャプチャ、配送状況のキャプチャを提出)
チャイナポストでもまともに通過していれば中国飛立つまではステータス更新されます。
●「OPEN Dispute」は2度開けないので現物が無い限り未解決(口約束)の状態でCLOSEしてはダメ
●相手にお金が支払われる前(購買保護期限前)に「OPEN Dispute」しよう
⇒「1. If your order does not arrive on YYYY-MM-DD , you can apply for a refund by opening a dispute. 」
●商品が壊れていた場合は開封前後、物の写真をエビデンスとして提出、返却の輸送代どちらが持つのか?代引きにすると受け取り拒否する業者もいるので危険、返却せず返金しろと交渉しよう。
●商品に問題あるが使える場合、一部返金で交渉しよう。

AliExpress30,31度目のチャレンジ
https://5on.org/s2000/blog/archives/886.html

AliExpress2度目で初の「Open dispute」
https://5on.org/s2000/blog/archives/776.html

続きを読む

HUAWEI P30Lite SIMフリー

国内SIMフリー版比較

機能P10LiteP20LiteP30Lite
画面5.2インチ5.84インチ6.15インチ
RAM3GB4GB4GB
ストレージ32GB32GB64GB
リアカメラ12M16M+2M24M+8M+2M
インカメラ8M16M24M
FDD-LTE1/3/5/7/8/18/19/26/1/3/5/7/8/18/19/26/281/3/5/7/8/18/19/26/28
W-CDMA1/5/6/8/191/2/5/6/8/191/2/5/6/8/19
USBmicroUSB
(Micro B)
type-Ctype-C
CPUKirin 658Kirin 659Kirin 710
SIMnano×2(DSSS)nano×2(DSSS)nano×2(DSDV)
 意味SIM1/2仕様通信通話
DSSSDual Sim Single Standby4G/3Gsim手動切替片方simのみ通信・通話
DSDSDual Sim Dual Standby4G⇔3G同時待受通話中片方のsim通信不可
DSDVDual Sim Dual VoLTE4G⇔4G同時待受通話中片方のsim通信不可
DSDADual SIM Dual Active4G⇔3G同時待受通話中片方のsim通信可

日本でのDual Simの本命はDSDVです。

HUAWEI問題が無かったら今回は「HUAWEI P30Lite」vs「Galaxy A30」vs「GooglePixel3a」の争いが見られただけに残念です。

HUAWEI P20Lite SIMフリー
https://5on.org/s2000/blog/archives/879.html

-----
HUAWEI問題

凄い勢いでHUAWEI包囲網を張られていますが、米中外交交渉も絡んで今後どうなるか油断なりません。
経済制裁と5G覇権とバックドア問題が複雑に絡んでいるので先が非常に読み難くなっています。

・「Androidの使用制限」⇒新OS発表か?
・「Google製アプリの使用制限」⇒google謹製アプリは利用不可
・「SDアソシエーションから除名」⇒SDスロットの製造搭載が出来なくなる。ロゴは使えない(独自規格のメモリーカードを搭載予定?)
・「Wi-Fi Allianceから一時的制限」⇒Wi-Fi認証ロゴは使えなくなるが今の処影響無し
・「ARMからの契約やサポートの取引停止」⇒kirinの開発製造が出来なくなる

ただ、現行(販売)使われているモデルには支障無いとの事。
自分が利用しているP10Liteの例だと後は月のセキュリティパッチ程度なので支障はほぼ無いでしょう。

ベランダソーラー発電

ファイル 463-1.jpg
昨日の暴風雨の影響でコントローラが壊れました。
数年放置していたのがいけないのですが、コントローラの収納BOXへの配線が中途半端のままだった事もあり、きちんと閉まって無い為、若干ですが隙間から雨が入り込んでいたみたいです。

コントローラを分解してみた処、基板に腐食が見られました。
手元にあった代替品で凌ごうかと思います。

#1日平均10時間、おおよそ24,000時間点灯した事になります。LEDの平均寿命は40.000時間ですから後7年は使えそうですね。

続きを読む

ページ移動